てつ坊のちょっと聞いてよ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京ドーム観戦記2008(その38)

<<   作成日時 : 2008/07/12 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

対 ベイスターズ戦 第11回戦

横浜 4 − 5 巨人

勝:上原 2勝4敗
S:クルーン 1勝2敗22S
負:吉原 0勝1敗
HR:小笠原 1回 16号ソロ、ラミレス 1回 25号ソロ、ラミレス 3回 26号2ラン、小笠原 7回 17号ソロ、大西 1回 4号ソロ、仁志 3回 6号ソロ

画像


画像


この横浜3連戦は骨髄バンク支援シリーズということで、ステージG-KINGに上原投手と木佐貫投手は骨髄バンク登録の呼びかけにやって来ました。上原投手はすでに登録済みですが、木佐貫投手は病気の子供と接し、自分の子供も同じ病気だったら辛いという思いもあり、今回登録することとなりました。

最後に野球のことも聞かれた2人でしたが、離脱した苦しみ、思いどうりにいかない投球への苦しみを感じているようでした。

さて、今日の先発は高橋尚成投手でしたが、決していい投球ではありませんでした。まず大西選手に初球先頭打者ホームランを打たれます。そして、ほとんどの回がピンチで安心できませんでした。結局5回2/3で被安打4・自責点3で降板します。

しかし、6回の交代はなんか納得いきません。2アウトまでいい感じだったのに投手交代で横浜に点を献上した感じがしました。打たれては投手を代えの繰り返しで後手後手な感じがしました。

そして、打撃陣の主役は今日のヒーローでもある小笠原・ラミレス両選手です。1回は先制されたあとに連続ホームランで1点勝越し、3回に同点に追いつかれたあとはラミレス選手の2ランで2点勝越し、そして同点に追いつかれた7回には決勝点となる小笠原選手がソロホームランを放ちます。

画像


画像


画像


今日の勝ち投手は上原投手ですが、同点にしてしまったあとの小笠原選手の決勝点による勝ちです。前回の勝ち同様、なにかスカッとしない勝ち星でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京ドーム観戦記2008(その38) てつ坊のちょっと聞いてよ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる