てつ坊のちょっと聞いてよ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京ドーム観戦記2008(その35)

<<   作成日時 : 2008/07/02 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

対 ヤクルトスワローズ戦 第11回戦

ヤクルト 5 − 7 巨人

勝:上原 1勝4敗
S:クルーン 1勝2敗20S
負:押本 2勝2敗1S
HR:古城 8回 3号2ラン、ウィルソン 5回 1号ソロ

画像


今日の先発は巨人バーンサイド投手、ヤクルト村中投手。そして、今日のスタメンも前回の広島戦同様、由伸選手と小笠原選手を休ませるオーダー。そして、横浜から真田投手と交換トレードした鶴岡捕手の初スタメンです。

バーンサイド投手は、6回・2失点という先発の仕事を果たします。しかし、2番手の上原投手が捕まってしまいます。最初の1イニングは球速も142キロ、バント処理も素晴らしく、1点とられるもののいい出来でした。しかし、2イニング目に入ると、球速は138キロくらい、制球も定まらず2点とられてしまいます。

画像


しかし、この上原投手のピンチを救ったのは今日のヒーロー古城選手。8回ウラ2点とり同点に追いついたあと、古城選手の2ランで逆転します。

最終回は守護神クルーン投手。ベースカバーで脚を痛めるものの気合で抑えゲームセット。借金生活への逆戻りは、なんとか防ぎました。

画像


画像


ヒーロー以外の注目は鶴岡選手。初スタメンで、早速タイムリーを打ってくれました。守備もいいし、これでオリンピック中は捕手に関しては安心でしょう。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京ドーム観戦記2008(その35) てつ坊のちょっと聞いてよ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる