てつ坊のちょっと聞いてよ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京ドーム観戦記2008(その22)

<<   作成日時 : 2008/05/18 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

対 カープ戦 第9回戦

広島 3 − 6 巨人

勝:西村健 4勝2敗
S:クルーン 0勝1敗12S
負:ルイス 5勝4敗
HR:ラミレス 1回 13号3ラン、ルイス 3回 1号ソロ

画像


広島3連戦最終日。なんとか3タテは免れたい。そして、今日はなぜか海賊に扮装するジャビット・・・・・。

さて、今日の先発はジャイアンツは阪神戦での金本選手への危険球退場以来の登板の木佐貫投手。カープはルイス投手。

画像


1回のウラ、亀井選手のヒット、坂本選手のバントの処理をカープがエラー、小笠原選手のタイムリー、ラミレス選手の13号3ランと、ノーアウトでいきなり4点先制します。そして、このホームランで、ラミレス選手、セリーグ外国人通算最多本塁打224本を達成しました。おめでとうございます!

そして、木佐貫投手ですが先制の4点を貰ったもののじわじわ点をとられ、5回もたずに4・2/3回・被安打8・6奪三振・自責点3で降板します。

チャンスを得ながらも、なかなか追加点の取れないジャイアンツでしたが、8回ウラ1アウト2・3塁で代打の谷選手が貴重な2点タイムリーを打ちます。

3点差の9回は、守護神クルーンの登場。昨日と違い3者連続三振でキッチリ抑えます。クルーン選手が技術どうこうより、点数が多いかどうかのメンタル面が問題なような気がしてきました。

画像


今日のヒーローはセリーグ外国人通算最多本塁打224本を達成したラミレス選手、木佐貫投手のあとをキッチリ締めた西村投手、そして貴重な2点タイムリーを打った谷選手です。

画像


画像


画像


画像


来週からはいよいよ交流戦。ここで結果を残して、後半戦へのステップアップに繋げてほしいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京ドーム観戦記2008(その22)  てつ坊のちょっと聞いてよ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる